【太田コラム】東日本レスリングリーグ優勝!!

  • 2010/05/24(月) 22:55:58

皆さんこんばんは、太田です。
遅くなりましたが、先週開催された東日本レスリングリーグ戦について報告致します。

この大会は、文字通り東日本に所属しているチームの団体戦のリーグ戦です。

1部リーグは16校あり、それをAグループとBグループにそれぞれ8校ずつに分けて団体戦を戦います。そして、それぞれのグループで優勝したチーム同士が戦う決勝戦が東日本一を争う事になります。

昨年は、グループ優勝しながら決勝戦で拓大に僅差で敗れてしまい、今年こそは優勝をスローガンに挑みました。

そして、いよいよ試合開始。

1試合目対東農大戦7ー0勝ち

2試合目対群馬大戦7ー0勝ち

3試合目対明治大戦7ー0勝ち

4試合目対大東大戦7ー0

2日間4試合を終えて最高の立ち上がりとなりました。
この4試合までは、レギュラークラスを温存した階級もあり、レギュラーではない者等も試合に出場させても、しっかり勝利しての7ー0でしたので、そういった意味合いも含め一段とチーム力が増したと感じた試合内容でした。

そして、3日目。
ここまで全勝の中大、日大との対戦です。
特に日大は、昨年僅差で敗れていますし、グループ最大の山と思っていました。まず、最初の中大戦にしっかり勝って波に乗りたい所でした。
中大戦では、一つ取りこぼしたものの、6ー1で圧倒しました。

そして、迎えたグループ最大の山、日大戦です。
まず初めは55キロ級の2年生柏木です。本来柏木は60キロ級の選手でしたが、チームの為に階級を落として、挑んでくれました。日大の対戦相手は、昨年の大学チャンピオンでしたが、しぶとい内容で1R目を取り、2R目もラスト数秒まで勝っていましたが、返し技にかかってしまい結果的に負けたものの、大学チャンピオン相手の善戦と過酷な減量に挑んでいる後輩の姿に、後押しされた上級生が、奮起し、その次の試合からは、ストレートで4階級を取り、結果5ー2のほぼ圧勝でした。

そして、最終日。
グループ決勝戦の山梨学院戦です。山梨学院は3日目に日大と対戦し、3ー4で敗戦している為、仮に早稲田が負けて三つ巴となっても勝利数の関係でグループ優勝は、ほぼ決まっていましたが、ここは、やはり、しっかり勝利し、最後の試合に向け、ムードも最高の状態に持っていきたかったので、しっかり勝てるメンバーを決め、グループ最後の試合に挑みました。
結果は、5ー2と日大戦同様ほぼ圧勝で、しかも1年生二人起用し、二人共善戦し、一人は大学チャンピオンに勝利し、今回で1番の収穫でした。

そして、迎えた決勝戦!

対戦相手は、予想通り拓殖大学です。
これ以上ない最高の舞台で、最高の相手との対戦であり、昨年の雪辱を誓い、挑戦者の気持ちと、とにかく持っている力を全て出し切り、このチームで最後の試合となるから、楽しんで、思い切りやってこいと送り出しました。

そして、試合開始!
第1試合は、10キロ近い減量をした柏木です。
1・2R共に、お互い堅さから攻め倦み、1R・2R共にタックルが取れ切れず、1ー1のイーブン。勝負は最終ラウンドに持ち込まれ、柏木がタックルを取ったものの、残り数秒で返し技を受けてしまい、善戦したものの敗戦しました。しかし、続く主将の松本、石田はしっかり勝ち、チームスコア2ー1。
74キロ級は、ルーキーの北村です。対戦相手は、大学チャンピオンの高谷選手、1R目何とか取ったものの、2R目開始早々返し技が決まり、3ー1としましたが、相手も意地でタックルから押さえ込みフォール負けを喫してしまい、チームスコア2ー2のイーブンへ。
次の試合は、84キロ級で、うちは大学チャンピオンの山口です。ここは、しっかり勝って優勝に王手をかけたい1戦でした。
試合開始早々に投げ技が決まり、フォール。
チームスコア3ー2とし、優勝へ王手!
次は、96キロ級の対戦。うちは、昨年この階級を取られ、優勝を逃してしまって悔しい思いをした武富です。昨年の雪辱を晴らすべく、1R目から攻め2ー0で取り、王手をかけ、いざ運命の2R目。
最初の1分は、お互い見合うような形でしたが、1分過ぎ、相手のタックルをかわし、バックポイントを取り、残り30秒。このまま逃げ切れば、勝ちになりますが、余りに攻めないと注意を受け、負けにされる場合もあるため、とにかく、しっかり構え足を触らせないように、アドバイスを送り続けました。

そして、優勝へのカウントダウン10、9、8、7、6、5、4、3、2、1、0!
優勝!62年ぶりの優勝を達成しました!

しかし、まだ最後の階級が残っており、最後の試合をしっかり勝利し、優勝に花を添えて欲しいといった気持ちをものの見事に、最後に出た殿村が投げ技から、一気にフォール体制へ、フォールはできなかったものの、投げた時に、相手が膝を痛めてしまい途中棄権。
チームスコア5ー2で勝利。
そして、歓喜の胴上げ。まずは、監督から、部長、コーチ、そして、私の胴上げが始まりました。昨年一昨年と落とされた経緯もあったため、3回目あげらる時に、絶対に落とすなと学生に忠告しましたが、正に蜘蛛の子をちらすように逃げていました。
しかし、そこは、予測していたので、空中で身体をかわし、見事足から着地し、大事に至らなかったですが…。今後胴上げの仕方もしっかり指導していきたいと思います。

今回優勝した裏側には、私はいくつか理由があると思います。
まず、基本的なことですが、4年生がまとまっていて、チームワークがよかった事。
控え選手の活躍。
OB、現役OB、スタッフ、サポートといった三位一体となっているシステムに尽きると思います。今後は、この結果に奢る事なく、更なる飛躍をしたいと思いますので、今後とも部員一同ご声援宜しくお願いします。
ありがとうございました。

追伸
次は、第2回ワセダカップ団体戦優勝ですよ!ワクワクも頑張って行きましょう!

【太田コラム】祝☆東北進出!

  • 2010/02/11(木) 08:00:30

先週末宮城県仙台市の宮城県工業高校にてワクワクレスリング教室開校して来ました。
遅くなりましたが、レポート致します。

今回はキムサンがワクワク代表として参加してくれました!
学生と湯元選手は合宿と遠征の為二人で行って来ました。

今回も前回同様午前中は地元の高校生とちびっこレスラーの技術指導とスパーリングを行いました。その後、午後1時〜受付、1時半開校式でした!

まず初めに、宮城県工業の加藤先生(大学の後輩になります)挨拶があり、そして、私が自己紹介と意気込みを話しました。
いつもその後レスリングビデオ鑑賞を予定していましたが、まず初めにルール説明を先にしました。その方が、ビデオが見やすくなると思いまして、地元の高校生を使ってポイントとタックルや投げ技、寝技等を説明しました。
その後、湯元選手の北京オリンピックの様子や早稲田教室の練習風景や高山オリンピックの試合の様子等のビデオ鑑賞をしました。

そして、休憩を挟んで、いよいよ実技に。
まず、ランニング→ゲーム→イラン体操→柔軟→二人組補強→二人組ゲーム→レスリング基本動作(構え、サイドステップ、バックステップ、正面タックル)→挨拶練習→整理体操の順で約1時間汗を流しました。

今回の仙台教室で日本で7つ目となりましたが、今回もスムーズに開校出来ました。それは、スタッフとして宮城県工業高校・東北電子工業高校・ちびっこレスラーやチビレスジュニア指導者がスタッフとして加わった事で、スムーズに開校できたと思います。今後は、定期的に指導していく方針だそうです。

今年度は、この開校で最後となる予定(石川県はキャンセルとなりました)です。
来年度は今年度以上に開校したいと思います。

【太田コラム】今年の抱負!

  • 2010/01/06(水) 07:39:28

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

昨年はワクワクレスリング教室の目標とする全国展開を熊本・富山・和歌山で開催し、2月には宮城県仙台にて開催することになりました。

本当に飛躍した一年となり、正直開催当初表向きは全国展開やスペシャルオリンピックスの正式種目化などと夢見たいな事を言っていましたが、それがわずか4年半で現実身を帯びてきました。これも一重に皆さん方が継続的に通い続けた事に尽きます。また、強力なスタッフが充実してきた事がこのように発展していった事だと思います。

そして、今年も以下の目標を掲げ頑張っていきたいと思いますので、今年も継続的に練習に参加してください。

【ワクワクレスリング教室今年の目標】

?早稲田ワクワクレスリング教室の発展

?全国展開

?スペシャルオリンピックス正式種目化への働き掛け

?スタッフの技術指導

?第2回早稲田カッブの団体優勝

以上の目標を達成したいと思いますので、頑張って行きましょう!


ワクワクレスリング教室代表  太田 拓弥

【太田コラム】和歌山レポート!

  • 2009/12/03(木) 21:00:47

皆さんこんばんは!太田です。

先週末私の地元和歌山東高校にてワクワクレスリング教室開校して来ました。
今回は湯元兄弟という強力なスタッフとワクワク代表として名取コーチがスタッフとして参加してくれました!

遅くなりましたが、レポート致します。

参加人数は17名で、今までで1番多くの参加でした。
この多くの参加の裏には、昨年地元和歌山新宮市でチビレス大会がありまして、そこにダウン症児の女の子(13歳)がいまして、そのお母さんが私に話しかけてくれて、早稲田や京都の活動に関心があるとの事でしたので、その時に、是非地元和歌山でも開校します!と約束しました。
そのお母さんの働きかけや、ラジオの和歌山放送や和歌山の新聞等、多くのマスコミが取り上げてくれたおかげで、多くの参加になったとり思います。

そして、いよいよ開校式!
まず初めに、和歌山岩出チビレスジュニア指導者の中村先生の挨拶がありました。そして、私が早稲田教室開校の経緯や和歌山開校までの流れなどを話し、早稲田教室の練習風景や高山オリンピックの試合の様子等のビデオ鑑賞と湯元選手の北京五輪のビデオ鑑賞、湯元兄弟によるレスリングのルール、ポイントの説明、湯元兄弟による2分間の兄弟の対決をしました!(ちなみに兄貴の健一選手が勝ちました!)

そして、休憩を挟んで、いよいよ実技に。
まず、ランニング→ゲーム→イラン体操→柔軟→二人組補強→二人組ゲーム→レスリング基本動作(構え、サイドステップ、バックステップ、正面タックル)→挨拶練習→整理体操の順で約1時間汗を流しました。

今回の和歌山教室で日本で6つ目となりましたが、今回もスムーズに開校出来ました。それは、スタッフとして和歌山東高・和歌山北高・紀北工業高・和歌山工業高レスリング部員やチビレスジュニアチームがスタッフとして加わり、さらにジュニア指導者や高校指導者も一緒に汗を流しながら指導していただいた為、スムーズに開校できたと思います。
今後は、年明けから定期的に指導していく方針だそうです。

また、石川県からも打診があり、3月までには開校したいと思います。
今年も残りわずかとなりましたが、ワクワクレスリング教室にとって忘れられない1年となりました!
来年も今年以上の躍進と、来年は早稲田ワクワクレスリング教室が開校5周年となるため、第2回ワセダカップは、盛大に開催したいと思います!
今後ともよろしくお願いします!

【太田コラム】横須賀カップを終えて

  • 2009/11/22(日) 18:23:10

皆さん、こんばんは太田です。

昨日今日と大会参加者及び応援にきていただいた方々お疲れ様でした。
今回の試合は団体戦もあり、白熱した試合展開で、私もセコンドに座っていて、大学の対抗戦以上に緊張してアドバイスを送っていました。その団体戦では、初代チームとしても何とか優勝したいといった思いでした。

そういった思いが伝わったのか、対京都チームでは、大将戦(5階級に分かれて対戦し、3勝した方が、チームの勝利となります)まで縺れる激戦でしたが、今回大将の大役を勤めた広太郎が17−14で勝利を収め、チームに勝利をもたらしました。続く大楠チームとの対戦も4−1と勝利し、ワセダチームが横須賀カップ初代優勝チームになり、また新たな歴史を刻みました!

今回改めて思った事は、ただ一つ、レスリングしていてつくづくよかったな!と思いました。

今回参加できなかった方は、是非来年度7月開催の早稲田カップには出場してください!
それまでには、レスリングのルールやポイントの取り方等覚えましょう!

私達スタッフも最善の努力をしたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

【太田コラム】富山レポート!

  • 2009/11/12(木) 21:18:17

遅くなりましたが、先週末富山にてワクワクレスリング教室開校して来ましたので、レポート致します。

参加人数は5名(女の子が1名)、きょうだいを含めると9名いました!参加者は5歳から20歳まででした。

そして、いよいよ開校式!
まず初めに、滑川高校レスリング部監督小西先生の挨拶がありました。
そして、私が早稲田教室開校の経緯や富山開校までの流れなどを話し、早稲田教室の練習風景や高山オリンピックの試合の様子等のビデオ鑑賞と湯元選手の北京五輪のビデオ鑑賞、レスリングのルール、ポイントの説明し、休憩を挟んで、いよいよ実技に。
まず、体操→ランニング→ゲーム→イラン体操→柔軟→二人組補強→二人組ゲーム→レスリング基本動作(構え、サイドステップ、バックステップ、正面タックル)→挨拶練習→整理体操の順で約1時間汗を流しました。

今回の富山開校で日本で5つ目となりましたが、今回も熊本同様にスムーズに開校出来たと私は感じました。
それは、スタッフとして滑川高校レスリング部員の礼儀や指導の仕方等充分配慮し、また子供達に優しく接してくれたおかげだと思います。
また、マスコミも大きく取り上げてもらい、開校当日夕方のNHK富山放送では開校の様子を放送してもらい、翌日の北日本新聞と富山新聞に大々的に報道
されたことにより、翌日には5名の保護者から参加の連絡があったそうです!今後は、月2回定期的に活動していく針で、来年の早稲田カップの出場目指し頑張るそうです!

初代チームとして、今後とも頑張って行きましょう!
そして、いよいよ来週は待ちに待った横須賀大会です!
インフルエンザなどに負けないように気を張って、大会では早稲田カップの時より成長している姿を見せて下さい!

【太田コラム】熊本レポート!

  • 2009/10/20(火) 22:42:36

先週末熊本にてワクワクレスリング教室開校して来ましたので、レポート致します。

参加人数は12名で、そのうち女の子が5名いました!
年齢は、小学生から中学生まででした。

そして、いよいよ開校式!
まず初めに、熊本県レスリング協会理事長の挨拶 そして、私が早稲田教室開校の経緯や熊本開校までの流れなどを話し、早稲田教室の練習風景や高山オリンピックの試合の様子等のビデオ鑑賞、休憩を挟んで、いよいよ実技に。

まず、体操→ランニング→イラン体操→柔軟→二人組補強→キャットバンド取り合い→レスリング基本動作(構え、サイドステップ、バックステップ、正面タックル)→補強→挨拶練習→整理体操の順で約2時間汗を流しました。

今回の熊本開校で日本で4つ目となりましたが、今までで1番スムーズに開校出来たと私は感じました。
それは、スタッフとして熊本県内のチビレス3チームが集まり、そのチビレスの子供達(総勢40名程度)や指導者が一緒になり、動いてくれたので、スムーズに出来たと思います。

今後は、県の事業として定期的に活動していく方針だそうです。
来年の早稲田カップに出てきそうな男子中学生もいました。

早稲田チームも初代チームとして、今後とも頑張って行きましょう!

【太田コラム】国体に出場してきました!

  • 2009/09/30(水) 22:04:16

もし、カツラを売っている人が剥げていたら、関西人なら思わず「まず自分やろ!」とツッコミ入れますよね?真一ママ、歩帆ママそうですよね?

そういった考えのもとで国体出場を決意しました!
わかりにくいは!?という人もいるかも知れないので、改めて説明いたしますと、学生には、常日頃から、自己管理ができない選手は、大成しないと指導しています。学業・レスリングの2本の柱がしっかりとして、私生活面も食事など気を使いなさいと常日頃から指導していますが、ここ数年私の体型からそういった言葉を発しても「まず自分やろ!」と学生からツッコミ入れられそうなので、国体出場を決意しました。

わかっていただけたでしょうか?

国体出場決意には、そんな裏事情と情熱がありました!
本格的に練習を始め体重を減らしだしたのは、7月くらいで、ぶっちゃけますと当時はMAX86KGありました!徐々に体重を減らし、8月上旬には、和歌山の国体予選がありその時には、79KGまで減っていました。さらに、夏合宿でも走りこみや坂・階段ダッシュ・補強など学生と一緒にこなしました。午後練習もできるだけ実践練習もこなし国体に備えました。

そして、迎えて国体!
無事計量をパスし、初日の1回戦はシード、2回戦は、硬さもありましたが1Rフォール!で初日を終えました。
2日目は、ベスト8からで群馬の長島選手です(双子で弟は和幸です。先日練習にきてくれた日本代表です)。
1R目はタックルでポイントを奪われて、取られてしましまいましたが、2R目はタックルから返して1−1、3R目はお互いばててしまい、攻めきれず膠着状態が続きましたが、おっさんパワーと気迫でラスト5秒でコーション(柔道でいう注意)をとり勝利しました。

続いて、準決勝!
地元選手で、全日本優勝経験もある選手との対戦です。
1R目から怒涛の攻めをみせ、ふらふら状態で何とか耐えるものの、ラスト数秒でタックルを取られてしまいましたが、そこは、テクニックでかわして、1R勝利!決勝戦に王手をかけました。
しかし、相手も地元の声援を受け、2Rタックルを取られて、1ー1で、運命の3R目、お互い疲れて攻め倦みましたが、1分過ぎ私の得意技、必殺の足払いで1P奪取、残り時間50秒このまま逃げ切ると決勝進出でしたが、相手も怒涛のごとく攻め、あえなく1Pを奪われ敗れてしまいました。

今回は、シルバーウイークもろくに子供と一緒に遊んでやれなかったので、家族で一緒のホテルに泊まりました。娘二人の応援には、喜びもありましたが、試合が終わってから、二人に「レスリングやる?」と聞くときっぱり「やらない!」でした。
そんな、国体紀行でした。

次は、皆が頑張る番ですよ!
横須賀大会では、ワクワク旋風巻き起こしましょう!

【太田コラム】全日本フリー王座決定戦

  • 2009/09/29(火) 21:50:47

この大会は、文字通り大学の団体戦日本一を決める大会です。
参加校は16大学で、昨年の優勝(早稲田)準優勝(日体大)はシードで残りの14大学はフリー抽選で、組み合わせ抽選は大会前日の計量後に行われました。

今大会のシード以外の強豪チームは、春のリーグ戦優勝の拓殖大学、春のリーグ戦で負けた日本大学で、この2チームとは決勝で対戦したいなと思っていたら、なんと!この2チームが反対ブロックで、しかも、1回戦が日本大学と日体大の対戦となり、日本大学が見事逆転で勝利しました。
また、2回戦ではその日本大学と拓殖大学が対戦し、拓殖大学が勝利し、準決勝では、東洋大学を圧倒し決勝進出しました。

対する早稲田大学は、組み合わせに非常に恵まれ、1回戦国士舘5−2勝利、2回戦専修大学5−2勝利、準決勝山梨学院5−2勝利!何とか決勝に進出しましたが、1回戦の内容が悪かったため、1試合終了後かなり厳しい雷を落としました。
その後は、負けた試合も内容がよかったので決勝までは、スムーズに勝ちあがることができました。

そして、迎えた決勝戦!
春の雪辱を誓い、挑戦者の気持ちと、とにかく持っている力を全て出し切らないと優勝できないと激を飛ばし挑みました。
第1試合は、うちのエースに成長し、しかも、学生選手権を制した55KG藤元です。1R目は、堅さから攻め倦み、1Rとられてしまいましたが、その後は、いつもの動きを取り戻し勝利。
第2試合目は、1年生ながら学生選手権第2位と成長著しい60KG田中でしたが、相手の返し技にかかってしまい敗戦。

対戦成績1−1。

そして、勝負の階級66KG石田です。春のリーグ戦はこの階級で負けたため、流れを掴みきれず、敗戦した経験を踏まえ、その悔しさぶつけ見事勝利!
74KG級は拓殖のエースで学生チャンピオンの高谷とうちの主将松本との対戦でしたが、松本は、本来の階級(66KG)ため力の差を埋められずに敗戦。

チームスコア2−2の振り出しに…。

そして84KG武冨です。1R目あわやフォール負け寸前でしたが、何とか逃げ切り、1Rは落としたものの、2R目以降は落ち着いた試合運びで、勝利。

チームスコア3−2で一歩リード。

しかし、次の96KG級対戦相手は学生王者であり、主将ので藤本、対するうちの鈴木は膝の故障もあり、あえなく敗戦。

チームスコア3−3の五分となり、勝利の行方は、最重量級の勝負へとなりました。

120KG級の山口は膝の負傷があり、学生選手権を棄権し、個人の成績よりもチームの勝利を優先するためこの大会に挑みました。
1R目は堅くなり、また、相手の頭突き攻撃に耐えられずに、1R目落としそうになりましたが、何とか踏ん張り1Rを勝利し、2連覇へ王手。そして迎えた運命の2R目。1R目の堅さが全くなくなり、タックルを2回決め、ローリングも2回決めて、見事テクニカルフオール!!

2連覇達成!!


そして、歓喜の胴上げ、まずは、監督から、そして、私の胴上げが始まりましたが、昨年落とされた経緯もあったため、学生に落とされないようにしがみつきながらの、変な胴上げでした。

今回見事優勝した裏側には、私はいくつか理由があったと思います。
まず、基本的なことですが、4年生がまとまっていた事。
次に、96KG鈴木ですが、1R目傷めていた膝を負傷し2R目棄権も考えましたが、2R始まる前大きな声で気合をいれ試合に挑みました。結果的には、負けてしまいましたが、そういった気迫が今までにチームとしてもなかったので、その気迫が山口に繋がったと思います。
最後に、運命を左右する最重量級の1R終了後のハーフタイムで、いつもは冷静でおとなしい石田が同級生でもある山口に対して、「頭突きなんか気にするな!」と言って激を飛ばしたことです。

コーチになり、丸9年になりますが、うちのチームは良くも悪くも先輩後輩がなく指導役は専ら私で、そんなチームだと成長しないと言い続けてきました。先輩が模範を示し、それを後輩に指導できる体制や後輩が先輩のレギュラーの座を奪うようなチームにならないと日本一や五輪なんて程遠いといい続けてきましたが、今回の試合では、4年生のまとまり、石田の激、鈴木の気迫、1年生ながらレギュラーを奪った田中の存在でチームが成長し2連覇に繋がったと思います。この経験を活かし更に精進したいと思います。

今後ともご声援宜しくお願いします。
ありがとうございました。

【太田コラム】インカレ結果

  • 2009/09/21(月) 11:40:36

9/17まで、全日本学生選手権大会が駒沢体育館でありました!
この大会は文字通り、学生日本一を決める個人戦です!

早稲田からの出場者は、グレコローマンスタイルが4人 女子5人 フリースタイルが16人でした。
結果はグレコローマンで3位一人、女子準優勝3人、フリースタイルは優勝二人、2位一人、3位3人でした。少ない人数で良く頑張ったと思いますが…。負けた内容や怪我など反省点は多く残ったのも事実なので、それを踏まえて、今週金曜には、団体日本一を決めるフリー王座決定戦という大会(昨年初優勝してます)の二連覇を目指し頑張って行きます!


追伸 私事で大変恐縮ですが、3年振りに国民体育大会に和歌山県代表として出場します。
40歳なる前にもう一回身体に鞭打つ為に出場を決意しました。優勝目指し頑張ります

【太田コラム】実家にて

  • 2009/08/21(金) 22:11:46

只今しばしの夏休みで実家に帰省中です!




写真はマグロで有名な勝浦漁港です!
やる仕事間違えたかなと思う今日この頃です。

ちなみにこの後漁師の先輩(元レスラー)と釣りに行ってタイとカワハギ釣りました!

それと、エクササイズこれからも投稿致しますので、自宅でやってください!

【太田コラム】インカレ優勝に向けて

  • 2009/08/18(火) 14:53:36

ただいま群馬草津温泉で毎年恒例の合宿をしています!



参加大学は

日本体育大学
群馬大学
福岡大学
立命館大学
天理大学
韓国体育大学
阪南大学
早稲田大学

総勢約250名で開催中で、早稲田大学は9日からの参加で、明日で最終日となります。

合宿では、朝ランニングや補強を約1時間半。
午後は、約2時間の実践練習が中心となります!

いつもと違うメンバーなので、学生もほとほと疲れているでしょう!
しかし、ここで頑張らなければ9月中旬に駒沢体育館で開催されるインカレの優勝を勝ち取る事が出来ないので、皆必死に頑張っています!

また、この合宿は私も現役時代〜指導者まで今年で丸20年になり、毎年お盆は休みなしでこの合宿に参加しています。

明日からは二日程休みなので、帰省し子供親嫁さん孝行しようと思いますが…。
とにかくインカレ出場全階級優勝狙います!
また、時間ありましたら見に来てください!!

【太田コラム】 第1回 早稲田カップを振り返って

  • 2009/07/07(火) 23:58:22

こんばんは太田です。
一昨日、記念すべき第1回早稲田カップが無事終わりましたので、感想を述べたいと思います。


2005年7月にこの教室が産声をあげ、早4年が経過。
そして、姉妹教室として、京都 ・横須賀に開講。
ワクワクレスリングチームも他のチームもそうですが、やはり、ボランティアスタッフや保護者が、諦めずに通い続けたことで、今回の早稲田カップに繋がったと思います。
本当にスタッフ・保護者の方々には、感謝の気持ちでいっぱいです。
来年は、5周年記念イベントとして、5周年プロジェクトチームを結成し、大
掛かりな催しとします!


さて、試合の前から話したいと思います。


今回第1回ということもあり、また、私自身が試合の運営などを携わるのは、初めてのことで、本当に大丈夫だろうか?上手く試合まで、見落としなくできるだろうか?試合で怪我した場合など、正直不安要素でいっぱいでした。
しかし、そんな不安要素を吹き飛ばしてくれたのは、優秀なスタッフと保護者の方々でした。
何とか大会までの段取りもスムーズに行き、多少開会式は、グダグタ感がありましたが…。それと、私の確認ミスで、集中授業がかぶっていたため、多少時間をずらしてもらうなどのミスがありましたが…。
初めての割には、 ほぼ完璧に近いものだったと思います。
また、今回の反省を踏まえ、5周年イベントでは、アンケート結果を顧慮し、改善していきたいと思います。


そして、いよいよ試合開始!


今回の感動を並べると
?優秀選手に輝いた将大の健闘!
正直昨年の高山事件のことが頭をよぎり、将大は「無効試合・無効試合」と連呼していましたので、このまま終わってしまうのかと思っていたら、ものの数秒で立ち上がり、見事 逆転勝ち!
そして、2試合目も危なげなく勝って優勝を決めました!
この1年で大きく成長したなと感じました。

?勇樹の健闘の3位です!
皆さんもご存知の通り、道場に来ると眠くなるといった丸1年半でしたが、ここ2・3ヶ月は、練習も大分こなすようになりましたし、やはり、あの舞台に一人で立ち相手に向かっていくということが、すばらしいことで、勝ち負けももちろん大切ですが、そのことが立派になったなと思います。
それは、他のみんなも同様です!
しかし、これに満足せず、更に精進し秋の大会では、もっと成長していくように頑張らせます!

?試合とは関係ありませんが、やはり、増山さんが見学に来てくれた事です!約1月前は、歩くのもままならないような状態でして、その時、お父さんは、「車椅子を使ってでも見に行く」と言ってたので、歩いて階段を下りてきた増山さんを見たときには、本当に涙が出てきました!
9月には、復帰してくるのでは、ないかと思いますが。
とにかく少しでもよくなって、良かったと思います。


以上いろいろ述べさせてもらいましたが、述べたいことはまだまだ山ほどあ
りますが、本日はこれぐらいにします。
とにかく、今後とも末永く宜しくお願いします。



追伸、次回の大会は、いろいろ催しを考えていますので、今回参加できなかった人も含めて、参加し更に懇親を深めていきましょう!

【太田コラム】ワクワク・チビレス初合同練習開催!

  • 2009/04/23(木) 20:41:56

皆さん、太田です。

今年の7月で四年目となる、ワクワク・チビレスですが、四年目を迎え初めて合同練習を4月19日に開催いたしました。
参加はチビレス15名、ワクワク9名 コーチ陣は、学生レスリング部員3名、レスリング部OB2名、ボランティアスタッフ3名と総勢名でした32名でした

まず初めにお互い向かい合い整列し挨拶、そして、私が経緯を説明私がチビレスに求めるものは、教える事は、学ぶ事・人を思いやる気持ちですワクワク側は、チビレスの動き等を目で見て身体に触れ、『僕等もあんな早いタックルをしたい』とか、そんな気持ちが芽生えてくる事を望んでいます。そして、お互いがよい友達関係になる事が1番の狙いですまた、学生レスリング部員も、指導することにより、さまざまな事を学び、そして、それを、自分自身の現役に+αになればと考えています。
そして、いよいよ練習開始。
マット上でランニング、サイドステップやバックステップ等で身体をほぐし、世代別に分けて、自己紹介をしました。そして、アヒル歩き等の補強をしようとしたら、かなりの人数と私自身も初の経験だったりした為、途中収拾がつかなくなったので、『初カミナリ』を落としましたワクワクでもチビレスでも立ち上げ当初から、子供達が楽しむ事をモットーにしている為、余り本気で、注意したことがなかったのですが…。余りにも、私語や身勝手な行動が目についたので…。初カミナリを落としました。初の事だったので、子供達のびっくりしたリアクションに、思わず、笑いそうになりましたが、そこで、笑うと効果が薄れてしまいかねないので、そこは、我慢して、コーチの話しをしっかり聞くようにと話しましたら、しばらくは、しっかり動いていました。しかし、時間が経つに連れ、多少ざわついていた面もありましたので、今後改善していきたいと思います。
そして、その次に、イラン体操→柔軟→ブリッジ→キャットバンド取り合い→技術指導でした(構え・サイドステップ・バックステップ・正面タックル・片足タックル・アンクルホールド)技術を指導するのに、かなりの時間を費やした為、スパーリングをする予定でしたが、あっというまに2時間が経過寸前だったので、最後は挨拶の練習をして、終了しました。そして、整理体操。最後にチビレス・ワクワクと向かい合い整列し、練習前に話した事を再度話し、ワクワクチームには、『構え・フットワーク・サイドステップバックステップ・タックル』の技術を忘れないようにと。チビレスチームには、それを、『技術をもっと上手く伝えなさい』と、今回特に、しっかり指導できていた人は、『鋼太、詩歩、大喜、友』でした。初めての事だったので、多少は戸惑うかなと思いましたが、初めてにしては、良くできていました。また、上手く伝えられなかった人は、詩歩や鋼太に聞くとか、工夫するように教える事というのは、難しいなぁ〜と感じただけでもよかったと思います
そして、最後の各チームの最終目標は、チビレスチームは、オリンピックでのメダルの獲得
ワクワクチームは、スペシャルオリンピックスでのメダル獲得です
そんな、思いが入った第1回の合同練習でした

追伸
保護者の皆様へ
何かと至らぬ点が多いと思いますが、今後共よろしくお願い申し上げます

【太田コラム】番外編

  • 2009/04/17(金) 21:49:02

こんばんは

船生先生
(大楠ジュニアレスリングクラブ)の『THE・オレのページ!』
http://angel.ap.teacup.com/aiko16/

に対抗した、お茶目な私の一面をご覧下さい
ちなみに、船生先生から私はサカナくんと呼ばれているのでR

THE・オレのページ!に対抗して、モンゴル紀行

続きを読む