お姫様抱っこ

  • 2009/09/09(水) 21:54:43

見た目通りお姫様抱っこです
お父さん方たまには、お母さんを写真のように抱っこしてあげてください
きついなら、お子様でもかまいませんが…
この説明は言うまではないので、このへんで。
お姫様抱っこ


解説:太田コーチ

足の前後

  • 2009/09/08(火) 21:49:30

写真のようにマットに両手をつき、片方の足は真っすぐ伸ばし、
もう片方の足は胸に付けるように曲げます
それを交互にやります。
時には速く、時にはゆっくりといった形で強弱をつけるのもよいでしょう。
鍛えられる筋肉は、上腕二頭筋や三角筋、大腿四頭筋辺りです
また、速くやり続ける事で、体力も一層着きます
足の前後


解説:太田コーチ

蜘蛛トレーニング

  • 2009/09/07(月) 21:42:57

まず、写真のような形になり、
前にダッシュしたり後ろにダッシュしたりします
蜘蛛トレーニング
この時に大切なのは、お尻をマットに付けないようにします
付けない事により一層負荷がかかり、
腹筋・背筋・上腕辺りの筋肉が鍛えられるます
時には、横に移動や回転等を入れてもよいでしょう

解説:太田コーチ

上腕トレーニング

  • 2009/09/05(土) 17:11:43

まず、座った状態でも立った状態でもどちらでもかまいません。
写真?のように後ろから手を押さえて貰います。
上腕?
手を押さえる力と上げようとする力により、腕を強化します
この時に、大切なのは押さえている人がある程度力を入れないと
簡単に相手に手を挙げないようにすることと、
降ろす場合も一気に脱力しないで押さえられる力に対して、
我慢しながら降ろす事により筋持久力がついてきます[
鍛えられる筋肉は、上腕二頭筋、上腕三頭筋、三角筋です上腕?


解説:太田コーチ


四つん這いダッシュ

  • 2009/09/04(金) 17:06:15

両手両足を写真?のような形につけて文字通りダッシュします
四つん這い?
この時に大切なのは、頭を必ずあげる事です!
このトレーニングでは、タックル行って失敗した場合にこういう形になるので
頭を下げてしまうと相手の動きがわからなくなってしまうので、
必ず頭をあげるようにします
また、頭をあげる事により首の筋肉が鍛えられます
四つん這いダッシュは他に写真?のようにケンケンでやる動作や横に動いたり、
回転しながら、四つん這いの状態でやる動作など様々あります四つん這い?


解説:太田コーチ


手押し車

  • 2009/08/25(火) 23:21:25

写真?のように相手に両手で両足首を持ってもらい、単純に前進します
手押し車?

また、写真?のように、片足だけ持ってもらいながら前進すると、直一層負荷がかかります。
手押し車?

この動作では、主に、手、肩、腹筋、背筋が鍛えられます
また、一歩一歩進む度に、腕立て伏せをしながら前進したり、
ジャンブしながら前進すれば、より一層筋力が増します
女性の二の腕除去には、かなり効果的です
しかし、トレーニングの基本は、楽しみながらやらないと長続きしないので、
適度にお願いします

解説:太田コーチ

腹筋

  • 2009/08/24(月) 23:10:27

まず、両膝を写真のように曲げて(90度)、
足首辺りを相手に手で押さえてもらうか座ってもらいます。
両手を相手の両手にタッチし、頭をマットにつけないところまで戻し、
これを繰り返します
腹筋写真?

また、写真?のように、時には、捻りを加えるために、
片手だけをタッチしたり、角度を変えたりすると直一層腹筋がつきます
回数は20回以上を目標とし、できるようになれば、
早くするようにしましょう
腹筋写真?
写真?

解説:太田コーチ

首のトレーニング

  • 2009/08/23(日) 16:29:57

まず初めに両手両足をマットに付けて、
相手に両手で頭を押さえてもらいます(写真?)

首のトレーニング写真1
写真?

そして写真?のように頭をあげます。
この時に、相手は、押さえる力を徐々に強くしたり、相手によっては、
弱くしたりして、強弱をつけるのが、ポイントです

首のトレーニング写真2
写真?

また、首を下に向ける時は、一気に力を抜くのではなく、
徐々に降ろして行く事で一層筋持久力がついて行きます
レスリングにおいて、首のトレーニングは特に重要な要素です。

解説:太田コーチ

バランスと脚力

  • 2009/08/22(土) 01:21:16

まず、お互いの足を片手で持ちます




その状態で、横に移動したり、回転してバランス感覚を養います。


レスリングにおいて、この状態は相手にタックルを取られてしまった時に
(倒れてしまえば失点になるので)
倒れないように、常に足の親指の付けね辺りに重心を乗せて移動します。

また、足のふくらはぎや太もも辺りの筋肉が鍛えられます


解説:太田コーチ

引き合い

  • 2009/08/20(木) 17:45:35

まず写真?のように手と手を組みます

写真?




そして写真?のようにレスリングの構えになり、右左と交互に引き合い、繰り返します。

写真?




鍛えられる筋肉は、主に広背筋(脇の下辺りの筋肉)です


レスリングではこの引き付ける力が最も大切なので
懸垂や対人を使ったトレーニングを用いて鍛えます
この力がないと、タックル入った時等に、潰されてしまいます

海外の強豪選手の中には、背中に羽根が生えているような筋肉がついている選手もいます
みんなもこの力を付けて、パワーアップし、秋の大会に向け頑張りましょう



解説:太田コーチ

肩タッチ

  • 2009/08/19(水) 15:05:12

まず初めにお互いレスリングの構えになり向かい合います

そして、両手を両肩にタッチし
素早く相手の股下をくぐり抜け
また、構えて肩タッチ

→これを繰り返し行います。

この動作は、レスリングの動きでいう相手の首等を崩し
タックルに入るまでの動作とよく似ているので、ウォーミングアップ等で取り入れています。





解説:太田コーチ

手首の取り合い

  • 2009/08/15(土) 16:48:39

まず初めに、二人組になり向かいます。
(膝などが怪我している場合は座った状態でもかまいません)

片方が相手の両方の手首を持ちます。



そして、次に写真のように、手首を巻き返します。
この状態を交互にする事で、手首や握力の強化になります。
また、レスリングでは、この動きが非常に大切です。
それは、相手を崩す時やタックルに入った時等この手首の返しが重要になります。






手首の取り合いでは

写真
?タックル入った時
?相手の首をいなす時
?組み手で内側から組む時

などレスリングには欠かせない要素です。

写真?



写真?



写真?




解説:太田コーチ