代表者の言葉

  • 2008/05/03(土) 17:48:35

みなさん、こんにちは、ワクワクレスリング教室代表の太田拓弥です。
主催者を代表いたしまして、一言ご挨拶申し上げます。

初めにこの教室の立ち上げた経緯について、お話したいと思います。
私は、今から約4年前に日本テレビで放送された松田聖子さん主演の「たったひとつの宝物」という実際にあった話をテレビ化されたもの見て、大変感動しました。その内容は、ダウン症といった、障害を持って産まれた子供を懸命に支える両親の生き方を綴ったドラマでありました。

このテレビを見終わった時に、ふと、ダウン症の子供達に「レスリングをやらせてみたい」と思うようになりました。しかし、ダウン症の障害について色々調べていると、先天的に頚椎が弱く、さまざまな障害を多く持っている事を知り、愕然としましたが、レスリングという競技を教える教室ではなく、身体を動かす、エアロビクス的な教室であれば、問題はないであろうと考え、日本ダウン症協会会報に参加の告知をしてもらうなど、参加者を集め、2005年7月この教室は早稲田大学レスリング場で産声をあげました。第1回教室では、参加者6名と少なかったものの、現在は34名が在籍しております。

立ち上げ当初は、私も初めての体験で、色々な面で戸惑うこともありましたが、子供達の笑顔に、本当に支えられました。とにかくダウン症の子供達は、元気で明るく、何よりも人なつこい性格であります。教室では、毎回笑わせてもらい、私自身も楽しみながら指導にあたっています。
教室を立ち上げ2年半になり、こういった教室を全国的に普及しようということとなり、一昨年は京都八幡高校で開講し、昨年9月に京都チームとの岐阜県高山で交流戦を行うまでになりました(もちろんレスリングでの対戦です)。今後は、全国的に教室を普及させていきたいと思っています。そして、最終的には、スペシャルオリンピックスで正式種目として採用される事を、夢ではなく、目標として、今後も普及していきたいと思います。

Message From Coach Ota

  • 2008/05/03(土) 17:00:17

Hello everyone, I am Takuya Ota representing the Wakuwaku Wrestling Class.

I would like to say a few words on behalf of the staffs and the organization.

First, I would like to tell the story behind the establishment of this Wakuwaku Wrestling Class. Four years ago, I watched the drama “The One and Only (たったひとつのたからもの)” featuring Seiko Matsuda on Nippon Television. This drama was based on a true story of a mother and her son with Down syndrome. After watching the drama, I suddenly wanted children with Down syndrome to experience wrestling. I researched about the disorder but to my dismay, learned that there were many symptoms and congenital disabilities like weak cervical spine. Then, I decided that instead of establishing a class that teaches wrestling as a competitive sport, perhaps a class emphasizing aerobic exercises based on wrestling can be made. With Japan Down Syndrome Society’s support, participants were gathered at the Waseda University’s wrestling room for the first time in July 2005, creating the Wakuwaku Wrestling Class. The first class only had 6 participants, but today our class has grown to 34 members.

In the beginning, it was a new experience for me and there were many confusion, but I was greatly supported by the children’s smiles. Children with Down syndrome are always full of energy, cheerful, and extremely affable. At practice, I am able to coach them while having a wonderful time filled with fun and laughter.

It has been two years since the establishment of our wrestling class, and we are now expanding nationally. Last year, a class was opened at Kyoto Yawata High School, and a wrestling match between the two wrestling classes was hosted at Gifu-Takayama in September. I hope to further expand wrestling classes throughout Japan.

Finally, the class continues in hopes that wrestling will become an official event at the Special Olympics, and will work towards this as a goal instead of a dream.