【太田コラム】『何事にも諦めない心』

  • 2008/08/27(水) 13:42:15

旬なので、私が経験した五輪の話しをしたいと思います。

今から12年も前の話しで恐縮ですが、その当時私は、母校である、茨城県私立霞ヶ浦高校に保健体育の教師として、勤務しておりました。もちろん教師だけではなく、レスリング部のコーチ兼選手として、指導する傍ら現役選手として、活動いたしておりました。母校のレスリング部は、非常に強く、今年も団体戦で、全国優勝するなど、全国屈指の強豪高です。

私がコーチとして勤めていた時もインターハイ団体戦で連覇中でした。私は、大学卒業後→大学助手→教員といった経緯で、高校教諭になりました。大学助手の頃の競技実績は、全日本3位が、最高の成績で、教員になった当時も、なかなか全日本で勝てなかったため、現役選手として出る試合は、国体だけにして、一線から退いてもいいかなと考えるようになりました。しかし、そんな気持ちから、もう一度『強くなりたい』と言う、気持ちにさせてくれたのが、生徒達がひたむきに強くなろうとしている姿でした。霞ヶ浦高校のレスリング部の練習は、名実ともに日本一で、毎日の練習が合宿のようで、正に朝〜晩まで練習に明け暮れる毎日を送っていました(もちろん高校生ですから、授業もしっかりと受けて、練習は基本朝夕ですが、多い時は三回練習もありました)。

また、自分自身が、生徒の手前情けない試合や練習をしていたら、示しも付かないですし、強く言う事もできなくなるという、プレッシャーもありました。そんな気持ちになり、精神的に成長したおかげで、教員一年目で、全日本初優勝し、広島で開催されたアジア大会でも銀メダルを獲得。世界選手権でも6位に入賞するなど、かつてない成績を修める事が出来ました。しかし、実力は世界でも戦えるだけになったものの、世界の超一流選手には、心のどこかで、『接戦して負けてもいいかな』っと思っていました。その典型的な例が、アトランタ五輪一年前に開催された、ワールドカップでした。この大会は、アメリカ・ロシア・イラン・トルコ・カナダ・日本の6チームによる団体戦のリーグ戦であり、各国の選手と戦い、結果は5試合全て3点差で敗れてしまいました。帰国後この事で、非常に悩みました。『自分の実力はこれくらいで、これ以上はいくら努力しても無理なんだ』と半ば諦めかけていました。

そんな時に、高校生の茨城県の国体予選(この大会は、大学でレスリングを続けない生徒にとっては、高校生最後の試合になる大会です。優勝すれば、もちろん国体に出場できるのですが)があり、コーチという立場ですから、そこにセコンドとして、生徒のサポートをしていました。そして、58KG級の準決勝、対戦相手は全国選抜王者でありました。試合は全くの互角の戦いで、延長戦に入り、タックルを仕掛けますが、かわされて敗れてしまいました。この試合を見て、高校と世界とレベルの差は、あっても、その試合にかける意気込みや強い気持ちがあれば、過去の実績に関係なく、いい試合ができるんだと、生徒から学びました。

そして、迎えた五輪では、とにかく最後まで諦めないレスリングと過去の実績など関係なく戦う事に徹し、何とか銅メダルを獲得する事ができました。 本当に生徒からさまざまな事を学んだおかげで、メダルを獲得するまでになりました。

また、高校の恩師や、大学の恩師、全日本チームの指導者の方々には深く感謝しています。また、職場の理解がなければ、合宿や遠征にも行けなかったですし、本当にいろいろな方に感謝しています。そして最後に、両親には、深く御礼を言いたいと思います(中々面とむかって言えないので)。

こういった経験を踏まえた上で、子供達に、伝えたい事は、
ただ一つ『何事にも諦めない心』です

以上長話失礼いたしました