【2008】高山オリンピック公式報告書

  • 2008/10/02(木) 02:59:01

高山オリンピック交流戦公式報告書(2008.9.6〜9.7)

                                       文責 飯嶋勇雄(学生スタッフ)
 先日、9月6日から9月7日にかけて岐阜県高山市の国立青年の家にて第2回ワクワクレスリング教室の交流戦が開かれました。試合は京都チームと早稲田チームが1年間の成果を十分発揮し、手に汗握る好ゲームが多数見られました。
 本報告書では、対戦結果、早稲田チームの太田先生の言葉、京都チーム代表の浅井先生の言葉、そして参加した両チームの保護者の方の感想を載せています。
 
1.対戦結果

試合  早稲田チーム   勝敗    京都八幡チーム
1    森 勇樹      ●0−8○     西村 奈桜
2    関 将大     ●0−5○     保坂 晃広
3    吉岡 侑亮    ●0−6○      山下 泰人
4     I 君        ●0−8○      名切 祐介
5    伊藤 直大    ○7−6●      松本 大介
6    楠 広太郎   ○5−0●     平井 朋希
7    安倍 健太    ○3−0●      広瀬 大介
8    蓮沼 淳     ●0−9○     松川 泰大
9    中村 翔     ●0−2○     西村 奈桜
10    関 将大     ○6−2●     山本 哲裕
11   吉岡 侑亮    ○8−0●     松本 大介
12   久保田 歩帆   ○1−0●     西村 奈桜
13    I 君       ●0−1○     山下 泰人
14   伊藤 直大    ●2−5○     西村 隆広
15   楠 広太郎    ○7−3●     保坂 晃広
16   安倍 健太    ○6−4●     松川 泰大
17   蓮沼 淳      ○5−4●      広瀬 大介
18   勝間田 大樹  ●0−1○     山下 泰人
19   森 詩歩     ●0−4○     西村 隆広(父)

通算対戦成績(エキシビジョンマッチを除く)
   早稲田チーム 9勝    京都八幡チーム 10勝

☆エキシビジョンマッチ☆
第1試合 増山 敦(早稲田) ○2−1● 伊藤 直大(父)(早稲田)
第2試合 楠 広太郎(父)(早稲田) ●0−10○ 名切祐介(父)(八幡)

2.早稲田チームの太田拓弥先生の言葉

今回の高山オリンピックを振り返ってみて思うことは、昨年に比べて確実にレベルが上がっているということです。子供達の可能性というのは、無限大であるということを改めて思い知らされました。
 試合中、思わず泣いてしまう子供もいましたが、その後すぐに立ち向かっていく姿に本当に感動しました。また、思わず相手を叩いてしまったりしても試合終了後は、抱き合ったり、両手で握手をし、挨拶をしてマットサイドに帰ってくる姿に「一端のレスラーになったな!」と思い、しっかりと握手した手の感触が今でも残っています。
 スポーツの中でもレスリングという競技は、必ず勝敗がつくので見ている保護者の方々の気持ちはハラハラしていたと思います。勝負事ではありますが、私が思うことは、あのマットに1人で立ち、そして相手を倒しに行くという事が最も大切なことであったと思います。勝った選手も負けた選手も、本当に「頑張ったね」と言ってあげたいです。
 スポーツはよく筋書きのないドラマだと言いますが、18試合終了時点で9勝9敗の全くの互角の戦いでした。この展開はもちろん誰も予想していなかったですし、まさかの試合展開もあり、子ども達からいろいろな事を学んだ大会であったと思います。また、今回は交流を深めるために洞口先生の配慮により、バーベキューやビンゴゲームなどで前日は多いに盛り上がり、楽しい会となりました。
 来年もさらにお互いのチームのレベルアップを図り更に充実した、交流会を開催したいと思いますので、今後とも保護者の方々のご理解とご協力を賜りたいと思います。

3.京都八幡チームの浅井努先生の言葉

 2006年11月に京都で初めてのダウン症児者を対象にしたレスリング教室を早稲田クラブのご支援のもと初開催。翌年の2007年1月から関西・京都八幡教室として早稲田教室につづき、継続した教室をスタートしました。以来、本年でまもなく丸2年を迎えます。
 東西交流会も昨年第1回目を初めて高山の地で開催し、大きな成果をあげました。2回目の本年は、早稲田大学の学生ボランティアの力添えがあり、昨年以上に大きく盛り上がった大会になったと思います。
 大会では、両チーム、非常に白熱した試合が展開されました。特に、昨年に比べ勝負に対する感情が見られました。勝ったときには非常に喜び、負けた時には、本当に悔しがる。また、試合中に見せた闘争心。こういう感情は昨年の大会ではなかったと思います。この1年、仲間とともにレスリングを学ぶ中で、喜怒哀楽というか、こういう情緒・感情が育まれていると感じます。
 教室をスタートした当初、運動経験の希薄さも原因し運動面の発達遅れが見られたり、また、日頃、コミュニケーション不足のためか、相手と組み合った練習の中で、相手に合わせたり、我慢できないといった未熟の面が多かったですが、この2年で、運動能力が発達し、色々な人との出会いで積極的に行動できるようになったりと大きく成長している姿が伺えます。こういう成長した姿が今回の高山オリンピックで見られ、指導者として大きな喜びです。今後も子供達の成長が楽しみです。

4.両保護者の方の感想
は、こちらの「続きを読む」からご覧下さい。

続きを読む