柔軟

  • 2008/12/07(日) 22:57:10

柔軟文字通り身体を柔らかくするためと怪我のないようにするためにストレッチします。
このストレッチの時に重要なのは、身体の柔らかい人、固い人と柔軟性には、かなり個人差がありますので、固い人は無理をせず、行うことです。
ただし、固いからといって、適当にしてしまうとさらに固くなってしまうので、少し痛みが感じるところで、動きを止めて息を吐きます。
その動作を繰り返し行うことで、少しづつ身体が柔らかくなります。
効果的なのは、お風呂上がりがオススメです。ストレッチをかけている時に、痛いなと感じてから、さらに、ストレッチをかけようとするまでの時間(脳で判断し、ストレッチかかっている部分までの時間)個人差がありますが、だいたい6秒から10秒と言われています。
したがって、少し痛みを感じるところで止めて、息を吐き10秒ぐらいその状態で止め、繰り返し行います。

解説:太田コーチ