【太田コラム】ジュニア一貫指導体制

  • 2009/04/05(日) 20:31:52

2月下旬に京都に指導に行って来たので、遅くなりましたがそのレポートしたいと思います。


2月下旬に京都に技術指導に行って来ました
この講習会は、京都府体育協会主催の『未来のトップアスリート育成事業』というもので、毎年開催され、小学生から大学生までのレスラーに技術を指導する講習会です。指導者は私の他に、アテネ五輪銅メダリストで、ナショナルチームコーチの井上賢二さんと田南部力さん、全日本チャンピオンの松本真也選手の4名で、各世代別に分けて指導してきました。土曜日は、網野高校で、日曜日は京都八幡高校で、それぞれ約3時間技術指導と実践練習を指導しました。

この二つの高校には共通する部分があります。
それは、地域の子供達を対象としたレスリング教室を開校し、一貫した指導体制を敷いて、強化を図り、多くの全国王者を輩出しているところです。網野高校においては、全日本王者や世界選手権王者、オリンピックメダリストも輩出し、クラブ一貫指導のお手本といった指導体制で多くの優秀な選手を育成しています。ちなみに、伊調選手(姉、北京・アテネ五輪銀メダリスト)や正田選手(世界王者)、井上選手(アテネ五輪銅メダリスト)が、このチームの出身です。
一方京都八幡高校の指導者は、皆さんも知っての通り、私と大学時代の同期の浅井先生が、今から約10年前に、赴任し、地域の子供達を対象としたレスリング教室を開校。その当時から通っている生徒達が、昨年の全国選抜大会の団体戦で初出場初優勝の快挙を成し遂げるなど、成果を上げています。まだ、歴史的に浅いチームなので、全日本王者などのトップ選手は、まだ、出ていないものの、今後このチーム出身の選手が、全日本や五輪で活躍する日も近い将来必ずくるでしょう
ちなみに、このチーム出身の生徒が早稲田大学に入学しましたそういった意味では、その生徒を全日本レベル、更には、五輪レベルにするには、私の指導手腕にかかっているので、かなり、プレッシャーありますがとにかく、真面目な生徒なので、そのレベルには、必ず行くでしょう

そして、この2つのチームの一貫指導体制をモデルに、我がワセダクラブジュニアレスラー達も育成していきたいと思っていますまた、ワクワクレスラー達も楽しみながら、強化し、必ずスペシャルオリンピックスの正式種目とし、その舞台で活躍する選手育成に励みたいと思います。

以上失礼しました。

網野高校にて
網野高校にて

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する